だいず

女性ホルモンに似たイソフラボン

女性にはとても大切なホルモンがあります。
そのひとつがエストロゲンです。
しかし、加齢と共に分泌量は減少してしまうのです。
そこで、その代わりとなるのが女性ホルモンと同じ様な働きをするイソフラボンです。

女性ホルモンとは、女性らしい体型を作り出すために必要となっています。
また、女性にしかない体のリズムというものがありますよね。
例えば、排卵日や生理、排卵をするための準備をするためのホルモンとしても知られています。
その他にも、男性にはない妊娠や出産なども体験するわけで、その時に最も重要となるのが、この女性ホルモンのバランス、エストロゲンです。

女性にはとても大切なエストロゲンですが、40代を過ぎた頃から分泌量はどんどん減少してしまう傾向にあります。
そのため、ホルモンバランスが崩れ、体調が悪くなったり、肌のキメやハリがなくなってきたり、 そして不眠や発汗・冷え性、精神的なイラつきが続き鬱になったりと、更年期障害になる可能性が高くなってしまいます。

そこで、先ほどご紹介した女性ホルモンと同じ様な働きをしてくれる作用があるイソフラボンを摂取することで予防ができます。

では、どのようにしてイソフラボンを摂取すればいいのか?というと、やはり食品からの摂取が一番良いと言われています。

その食材は「大豆」なんです。日本には大豆を使った料理がたくさんありますよね。
納豆や豆腐、枝豆、味噌など…大豆を使った食品はたくさんあります。
摂取量も一日に豆腐半分くらいの量で、十分なイソフラボンを摂取できているのです。

そこで、日常生活の中の食から、普通にイソフラボンを摂取することも可能なんです。
特別な事をする必要はありません。
普段の生活で無理なく大豆食品を食べることをおすすめします。
しかし、不規則な生活でまともに食事ができていなかったり、好き嫌いが多くて大豆製品が食べられない方もいると思います。
そんな方にはサプリメントタイプがおすすめです。
イソフラボンのサプリメントは手軽なので続けやすいし、簡単に成分を摂取することができるので人気の成分になっています。

しかし、過剰摂取はしないように気を付けて下さい。
体にいいからと、たくさん食べ過ぎてしまう事だけは止めて下さい。
他の食事とのバランスを考えて、必要な分のイソフラボンを摂取していきましょう。

Menu