だいず

大豆に多く含まれる大豆イソフラボン

女性が持つとても大切なホルモンのひとつ「エストロゲン」
これをイソフラボンから摂取して、ホルモンバランスを保つことができるんです。
しかも、そのイソフラボンは大豆に多く含まれているんです。
簡単に大豆を使った料理などから摂取する事をおすすめします!

イソフラボンは、女性ホルモンのひとつでもあるエストロゲンに似ている作用をするということから、
今注目されて話題にもなっていますよね!
エストロゲンは女性にとって、とても大切な働きをするホルモンなんです。
そんなイソフラボンがもたらす様々な効果はこちらに紹介されています。
女性らしい体型・妊娠や出産などをする中で、このホルモンバランスがとても重要になってくるんです。

40台を過ぎたあたりから、エストロゲンの分泌量は減少していくとも言われています。
そこで起きやすくなるのが更年期障害なんですよね。
体のバランスが崩れてきてしまい、肌のハリを失ったり、
不眠症や精神的にもイライラすることが多くなって鬱になってしまうということもあるんです。
また、骨への影響も強い様で、骨粗鬆症になってしまうという方も多いみたいですよ。

イソフラボンには、抗酸化作用があって老化の防止をすることができ、
更年期障害の症状も楽にすることもできると言われているんです。
他にも育毛効果やムダ毛抑制効果などがありますので、
イソフラボンは男性にも女性にも積極的に摂ってほしい成分といえます。
そこで、この女性ホルモンのエストロゲンを不足させないためにも、
対策をしてホルモンをキープする、増やしていくということが大切になってきますね!

では、どうやってエストロゲンを増やしていくか?という事ですが、
大豆に含まれているイソフラボンで増やすことができるんです。
エストロゲンと同じような働きをするのがイソフラボンなので、その効果はバッチリあります。

一番摂取に効果的なのは、食べ物から大豆を摂るということですね!
例えば、納豆やお味噌・豆腐・枝豆などがありますね。
この食材を使って料理を作って、エストロゲンを摂取するというのもいいですよね。
特別な食材ではない大豆からイソフラボンを簡単に増やすことができるので、
気軽に食べながら、将来の美や健康のためにもホルモンバランスを整えておきましょうね。

見には見えないホルモンバラスですが、体は正直に答えを出してきます。
何かが合った時では遅いんです。
そのためにも、大豆からイソフラボンの摂取を心掛けて下さい。

Menu