だいず

大豆の胚芽はイソフラボンの宝庫

イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするということで人気です。
そのイソフラボンが最も多く含まれているのが、大豆胚芽です。
しかし、わずかしか取ることができないため摂取は難しいかも…
でも、こんな摂取の方法もあるのです。
効率よく大豆胚芽を摂取しましょう。

女性ホルモンと同じ様な働きをするという事で注目されているのがイソフラボン。
加齢と共に減少してしまう女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」http://www.flooved.com/horumonn.html を、増やしたいと考えている方におすすめできる食材があります。

それは、イソフラボンを最も多く含まれているといわれ続けている「大豆」です。
その中でも、大豆胚芽に集中してイソフラボンは含まれているそうなんです。
大豆胚芽とは、大豆の先に付いている小さな芽のことをいいます。

もちろん、大豆を食べて摂取することは間違いではないのですが、効率よくイソフラボンを摂ると考えると、大豆胚芽のみを食べた方が 少ない量で、たくさんのイソフラボンを摂取することができます。

ですが、この豆の芽の部分にあたる胚芽は、豆の約2%ほどしか取ることができません。
とても貴重で、取り出す事も難しいといわれています。
5㎏の大豆を集めて摂取できた胚芽は100gしかないのです。
実際に5㎏の大豆を食べると考えると、そう簡単にできることではないですよね。
毎日続けることは難しいですし、値段的にみても厳しいです。

今では大豆胚芽だけを一袋にまとめてスーパーや通販などでも販売しているため 簡単に手に入れる事もできるようになっています。
上手く利用して、効率よく大豆胚芽を摂取してみて下さい。

目には見えないホルモンバランスだからこそ、体はウソを付きません。
症状は知らぬ間に表れてきてしまうのです。

後悔しないためにも、将来の美と健康を維持するために今からスタートしてみませんか?
食べるだけでホルモンバランスを整えることができるイソフラボンなので、 気軽に始めてみてもいいと思います。
こちらに人気のイソフラボンサプリメントランキングがありますので
こういったものを参考に購入してみてはいかがですか?

Menu