だいず

イソフラボンは更年期障害の女性の味方

エストロゲンの減少でホルモンバランスは崩れてしまいます。
そこで起こる症状のひとつに、更年期障害があります。
ホルモンと同じ様な働きのあるイソフラボンを摂取する事で、
更年期障害にとても有効であると言われているんです!

今注目されているイソフラボンですが、なぜ注目されているか?
その理由のひとつに女性ホルモンにあるエストロゲンと似た働きをするということが
ポイントとなっているようなんですね!

エストロゲンは、女性にはとても大切なホルモンなんです。
女性らしい体型や妊娠・出産を経験する女性だからこそ、
このホルモンバランスはとても重要や存在となっているわけです。
肌のハリやキメもこのホルモンが関係しているんです。

ですが、40台を超える頃になると、エストロゲンの分泌量はどんどん減少し続けてしまいます。
自然に増えるということは、考えられなくなってしまうんですね。

ここで、分泌量が不足してくると、どんな事になってしまうか?
どんな症状が起きてしますのか?と言うと、ホルモンバランスが崩れ始め体調も悪くなってきます。
そして、更年期障害が出てきてしまうんですよね…

更年期障害の代表的な症状は、発汗や冷え性、不眠や肩こり腰痛などがあります。
また、精神面ではイライラや倦怠感、憂鬱感などから、
うつ病になってしまうというパターンも実際にあることなんです。

そこで、女性ホルモンと同じ様な作用を持つ イソフラボンは骨粗鬆症や乳がんの予防に効果的
このような更年期障害に対してとても有効であると言われています。
その他にもイソフラボンは生活習慣病の予防にも良いそうです。
ここまでの流れだと女性に嬉しい効果ばかりですが、実は男性にも嬉しい効果がたくさんあります。
イソフラボンが男性にもたらしてくれる嬉しい効果はこちらをご覧ください。

摂取するには、イソフラボンを多く含む大豆の摂取が効果的です。
大豆を使った食品なら、納豆や豆腐などが食べやすいですよね。
また、大豆を使った料理を作って摂取してもいいと思います。

最近では、サプリメントの種類も増えて、ドラッグストアや通販で簡単に手に入れることもできます。
食材でイソフラボンを摂取するのはちょっと難しいと考えている方は、
サプリを上手く使ってイソフラボンを摂取してみて下さい。
過剰摂取は体に良くないので、一日に必要なイソフラボンの量を守るようにしましょう。

あなたに合った方法で、できる事から始めてみてはいかがでしょうか?
更年期障害になってからでは遅いんです。
後から後悔しないためにも、今の自分を見直してみて下さい。
きっと効果は、体に表れてくれますよ!

Menu