だいず

イソフラボンで老化防止

お肌の悩み、元気な体の維持…イソフラボンを摂取する事で防げるといわれている老化。
いつまでも若々しい肌でいたい、元気で健康な体でいたいという方には、とても大切なイソフラボンです。
是非摂取を心掛けて、今の状態をキープし続けてください。
こちらにイソフラボンで得られる効果一覧がありますのでどのような効果があるのかを是非知ってください。

イソフラボンは大豆に最も多く含まれている成分です。
大切な女性ホルモンのひとつ、エストロゲンと同じ様な働きをすることから注目されています。

女性には欠かす事の出来ないエストロゲンですが、40代を過ぎる頃からその分泌量は減少してしまいます。
そして、ホルモンバランスが崩れる事で、体調を壊してしまったり、発汗や冷え性、
不眠や肩こり腰痛などの更年期障害になることも考えられます。

そこでイソフラボンを摂取することで、これらを防ぐ効果があるといわれています。
そのなかのひとつに、老化防止作用が含まれています。

やはり、女性として一番気になるのはお肌の悩みですよね。
ハリとツヤを引き出すために、コラーゲンやヒアルロン酸という成分はよく耳にすることはありますが、イ ソフラボンにもコラーゲン生成を促進する重要な役割があります。

お肌のハリとツヤを保つために必要なのが、女性ホルモンのエストロゲンでもあり、大豆に含まれているイソフラボンでもあるのです。
コラーゲンと深い関わりを持つイソフラボンだからこそできるのが、
お肌や全身の老化防止に繋がっていきます。
ここでイソフラボンを含んだ豆乳で作る手作り化粧水の作り方を紹介しています。
こちらを参考に作ってみてはいかがですか?
不規則な生活をしていまうと、どうしてもホルモンバランスが乱れてしまい悪くなってしまいます。
偏食や朝食を抜くということをすると、エストロゲンの分泌量はどんどん減少してしまうだけなんです。
ストレスもその原因の1つ入るといわれ始めています。
そう考えると、年をとった更年期だからといって老化現象が起こるわけではなさそうですね。

若年性更年期も最近多くなっているようです。
若い女性でも、肌が荒れているということは、ホルモンバランスが悪く、エストロゲンの分泌も少なくなっていると考えられます。

いつまでも若々しい肌でいたい、元気で健康な体でいたい。
そう思っている方は、イソフラボンの摂取を心掛けて、老化防止対策をしてみて下さい。
しかし、イソフラボンの過剰摂取は逆効果なので気をつけましょう。

Menu