だいず

イソフラボンの適正摂取量

女性に必要とされるホルモンにエストロゲンがあります。
そのエストロゲンと同じ作用をするのが、イソフラボンなんです。
減少していくエストロゲンを増やすためには、1日にどれくらいの摂取量が必要なんでしょうか?

最近お店で目にする事も多くなったイソフラボン。
なぜ、これだけ注目されているかというと、イソフラボンは女性にはとても大切なホルモンの1つ「エストロゲン」と同じ様な働きをする効果があるからなんです。
エストロゲンは、女性にはなくてはならないホルモンなんです。

女性らしい体型・妊娠・出産などをする中で、ホルモンバランスがとても重要となってきます。
しかし、40歳を過ぎた頃からエストロゲンの分泌量は減少し続けてしまいます。
ということは、ホルモンが不足しバランスが崩れてくるという事になってしまします。
すると、体調が悪くなってきたり、肌のハリがなくなってきたり、不眠や、生理不順そして、
更年期障害で精神的にイライラいてしまいうつ病になってしまうこともあるのです。
そこで、イソフラボンを摂取することでエストロゲンを増やし、美や健康を保っていきませんか?
食品からイソフラボンを増やすことが1番良いといわれています。
その食材とは「大豆」です。
大豆に含まれるイソフラボンが最も効果的なんですね。
和食中心の食事をしている方は普段から食べていることになります。
では、1日にどれくらいの量を摂取すればいいものなのでしょうか?
例えば、大豆で摂取するとした場合、1日に30㎎といわれています。
豆腐に例えるならば、半丁分位。納豆なら1パックでいいそうです。
そう考えると、こんなに少ない量で1日のイソフラボンの摂取量はいいと言うことになるんですよね。
また食生活が乱れている方は朝豆乳を飲み始めてみてはいかがですか?
豆乳にはイソフラボンが含まれているので簡単に摂取できますよ。
イソフラボンには、エストロゲンを増やしてくれるという作用があります。
ですが、過剰摂取だけはしないように注意して下さい。
サプリメントからも摂取することも可能です。
最近では、ドラッグストアなどに多数の種類が販売されて、簡単に購入する事もできます。

ただ、種類が多くある分、効果も様々なので、自分に合ったサプリをしっかり見つけてから
イソフラボンを効率よく摂取されてみてもいいと思います。
これからの自分の美や健康管理のためにも、できることは今からスタートしてみましょう。

Menu