だいず

長寿の秘訣は大豆のパワー?

女性ホルモンのひとつエストロゲン。
しかしその分泌はどんどん減少してしまうものです。
そこで、大豆に含まれるイソフラボンを摂取することでホルモンバランスを整えましょう。

女性ホルモンのひとつでもあるエストロゲンに似た働きをするイソフラボン。
イソフラボンは「女性ホルモンのバランスを整えてくれる」といった役割をしてくれる事から、
女性にはとても大切なものになっています。

しかし、40歳を過ぎると分泌量はどんどん減少してしまい、ホルモンバランスに乱れが表れてきます。
そして、生理不順や肌荒れ、不眠、精神的にイライラするなどといった 更年期障害になることも考えられます。

骨にも大きな影響があり、カルシウム不足から骨が弱ってきてしまい、
骨粗鬆症になる方も多く見られます。

大豆にはイソフラボンが多く含まれていると言われています。
大豆を使った食材、例えば納豆や豆腐などがあります。
また、大豆から料理を作って摂取するのもいいと思います。
大豆は手に入れやすい食材でもあるので、気軽に食べながらイソフラボンを摂取する事ができそうですね。

そこで今言われているのが、イソフラボンは長寿の素でもあるということなんです。
中高年に多くみられる脳梗塞や心筋梗塞の発症リスクを抑えることができるので、長生きの強い味方でもあるのですね。
その他にもイソフラボンは更年期障害の緩和や骨粗鬆症の予防効果などがあります。

日本では、昔から大豆を使った料理が数多くあります。
お味噌汁や納豆などなど…
これが、長生きの秘訣だったのかもしれません。

最近ではこのような栄養バランスを考えた食事をすると言う事が少なくなってきてしまって、
どうしてもサプリメントに頼ってしまうという方も増えてきているみたいです。
こんなに豊富に大豆製品が揃っている日本。
少しでも多くのイソフラボンを食事から摂っていきたいものです。

将来の自分の美や健康管理のためにも、今からイソフラボンの摂取を心掛けていきましょう。
更年期障害や、脳梗塞や心筋梗塞になってからでは遅いです。
病気になる前にできる事は、今からスタートしましょう。

Menu